1. TOP
  2. ららぽーとの特徴
  3. 街づくり型商業施設開発

街づくり型
商業施設開発

商業施設に加え住宅やオフィス、ホテル等の複合開発および周辺開発を行うことで、足元マーケットの開拓が可能となり安定した集客が見込めます。更に、複合開発における商業施設は街の中心として高い発信力を持つことから、ご出店者様のブランディングやライフスタイル発信に寄与します。

複合開発による
メリットの最大化

まちの代名詞となる開発
  • エリアの価値向上により、良質な商圏を形成できる
  • 住宅開発により足元マーケットが開拓され、安定した集客の確保が可能
  • 街づくり型の大規模開発のため発信力が高く、ブランディングに効果的

経年優化 街づくり事例

豊洲地区開発〜IHIの造船所を再生、
「豊洲」の顔を変えた大型商業施設〜

商業施設と住宅で構成される大規模複合型ウォーターフロント開発の一環として、造船ドック跡を保存・活用しつつ、商業施設を開発。生まれ変わった豊洲は、ベイエリアを代表する住宅街へと発展を遂げました。

13年で人口が約4倍に増加!
  • 写真提供:株式会社 IHI 写真提供:株式会社 IHI
  • 写真提供:株式会社 IHI
豊洲地区開発
  • ららぽーと豊洲
    ららぽーと豊洲
  • 豊洲センタービルなど
    豊洲センタービルなど
  • パークシティ豊洲など
    パークシティ豊洲など
  • 三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス
    三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

各施設の周辺街づくり

柏の葉エリア

  • ららぽーと柏の葉
    ららぽーと柏の葉
  • パークシティ柏の葉など
    パークシティ柏の葉など
  • KOIL
    KOIL
  • 三井ガーデンホテル柏の葉
    三井ガーデンホテル柏の葉
各施設の周辺街づくり 柏の葉エリア
  • ラゾーナ川崎プラザ

    2006年開業 / 店舗面積:79,000㎡

    周辺施設:
    • ラゾーナ川崎レジデンス
      (約667戸・2007年)
    ラゾーナ川崎プラザ
  • ららぽーとTOKYO-BAY

    1981年開業 / 店舗面積:102,000㎡

    周辺施設:
    • イケア (2006年)
    • マンション分譲
      (約1900戸・2008年)
    ららぽーとTOKYO-BAY
  • ららぽーと新三郷

    2009年開業 / 店舗面積: 58,500㎡

    周辺施設:
    • イケア(2008年)
    • コストコ(2009年)
    • パークホームズLaLa新三郷
      (250戸・2014年)
    ららぽーと新三郷
  • ららぽーと湘南平塚

    2016年開業 / 店舗面積: 60,000㎡

    周辺施設:
    • パークホームズLaLa湘南平塚 (185戸・2016年)
    • ファインコートLaLa湘南平塚(166戸・2017年)
    • 総合病院 (2016年)
    ららぽーとTOKYO-BAY

お問い合わせ・ご相談

商業施設に関するお問い合わせを承ります。
お気軽にお問い合わせください。